告別式 流れ

告別式 流れ

突然の悲しい出来事、遺族は、告別式までの流れを確認して、いろいろとやることがあります。その流れをまとめてみました。

にこにこ通販 > 告別式 流れ

通夜 告別式 流れ

故人が無くなられてからの流れを紹介します。

1死亡宣告 医師による死亡の確認。

2死亡診断書と病院の手続き。
一般的に病院の事務手続きと決済が終わった時に死亡診断書をもらいます。

3親族とごく親しい友人・知人への連絡。
第一報という形で連絡します。

4喪主の決定 通常、親等が近い人がやります。(故人の妻、長男など)

5遺体の搬出先決定 自宅にもどるか、葬儀会館などに搬送すること多いです。

6葬儀会社への連絡。

7お寺や司祭に連絡。

8通夜と告別式の日程の決定。 葬儀会社とお寺と相談して決めます。

9遺影の選定。 葬儀社で背景などは画像処理できます。

10 予算の計算

10 枕経 基本は、搬出先(自宅、葬儀会館、斉場)で行います。
この時に通夜や告別式の日程を決める場合もあります。

また、お布施などの相談もここで住職と行います。

11 納棺の儀式 遺体を清めて、納棺します。

12 通夜や告別式の連絡 

 ※生前に誰を呼ぶかリストアップしておくと早いです。
  (これがないと本当に困ります。)

13 精進落としや供物、献花、祭壇などを決定。

14 通夜、告別式の役割分担を決める。
   受付や案内役が必要ならば決めておく。

15 火葬場と車の手配を葬儀社に依頼

16 死亡届の提出。死因によってはまず警察で調書を取る場合も。

17 通夜

18 通夜ぶるまい

19 通夜の後は、香典の確認など明日の役割分担など決めておく。

20 親族は夜通し、線香が途絶えないように交代で見守り。

告別式の流れ

通夜が終わるとあとは告別式です。

手続きなどが終わっていれば、当日は告別式の準備と打ち合わせだけですみます。

1 告別式の準備 お供え物、弔電、お布施、会葬礼状などの確認 

式の流れの確認や、火葬、精進落としなどの時間を頭に入れておくとつつがなく
すすめていけると思います。


2 告別式

3 出棺  喪主の挨拶

4 火葬 火葬許可証をここで渡します。
 控え室で終わるまで待つことが多いです。

5 骨あげ

6 還骨法要・還骨勤行(初七日法要) 
最近ではここで初7日の法要を行います。

7 精進落とし 喪主が挨拶をし、主賓を住職にして、来賓を接待する。

8 片付けと事務引継ぎ。 
 葬儀社に香典返しも依頼している場合はここで打ち合わせ。

9 告別式でお世話になった近隣の方へ挨拶

10 香典返し (亡くなられてから35日か49日)

11 忌明け法要

12 初盆法要

13 一周忌法要

14 三回忌(丸2年で行います)

以上ざっと、故人が亡くなられた時からの流れです。

告別式 流れ トップへ戻る